奏作空間

Reading & Creation Space "SOH"

スポンサーサイト

2015.02.13 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    『電脳コイル』二次創作物削除完了+アニメ「氷菓」

    2012.04.01 Sunday 22:34
    0
        今日から4月。新年度の始まりです。皆さんの地域では桜が咲いていますでしょうか。今年は非常に寒さの厳しい冬だったのが影響したのか、僕の住んでいる地域ではまだまだ咲き誇ってはいないです。新学期の時期に、満開になるのではないでしょうか。

       この4月から新生活が始まる方。不安も期待もあるかと思いますが、気持ちを新たに頑張っていきましょう。

       さて、先々週にお知らせした通り、事情あって僕の『電脳コイル』の二次創作物は、昨日をもちましてWEB上から削除させていただきました。こちらのブログでも、二次創作小説や『電脳コイル 春』に関わる記事は非公開とさせていただきましたので、ご覧になることはできません。あしからず。

       リンクにつきましては、とりあえず現時点では、連載中の『3.00』以外のものを削除致しました。此花さんが新しいブログを開設されましたら、そちらのリンクと張り替えますのでしばらくのお待ちを。

       執筆中だった僕の次回作の『電脳コイル』の二次創作は、やはりお蔵入りということにしました。ストーリーは出来ていたのですが、やはりけじめをつけるという意味でも、ここから新しく二次創作物を出すのも引き際が良くないと思いまして。待たれていた方には大変申し訳ありませんが、ご理解の程よろしくお願いします。

       ただ、この作品に関しては、アニメから9年後の未来を僕なりに想像した世界観や人物関係などを書き起こした設定資料があります。作品としては出さないものの、こんなことを考えていたんです、という具合にその資料を公開するのはアリかなとも考えています。それについては検討中ということで、公開するにしても期間を限定すると思いますが、記事のネタがない週に企画するかもしれません。

       それではもう執筆活動をやめるのかというと、そのつもりはありません。これを機にオリジナル長編小説に挑みたいと考えています。オリジナルのネタについても、実はいくつか案がありまして、最も有力な案で構想を始めたいと思います。

       オリジナルに関しては一から世界観構築やキャラ設定をしないといけないので、構想にはかなりの時間がかかると思われます。また、今の力量で本当に僕の思い通りの小説になるかどうかは未知数なので、僕が納得いくまで何度も書き直すかもしれません。ですので、次の作品については本当に気長に待っていただければ幸いです。

       その内容やテーマなどについては、またおいおいこのブログでお伝えしていきます。

       それでは、創作については以上で。ここからは、この4月から放送が始まる、あるアニメの紹介をしていきます。

       以前、このブログの「川島の本棚」でも紹介させていただきました。僕が大好きな米澤穂信先生のデビュー作であり、以降連綿と続いている<古典部シリーズ>。第1作目の『氷菓』と銘打って、ついにアニメ化です。















       <古典部シリーズ>について、今一度説明致します。

       主人公の折木奉太郎は、「やらなくてもいいことは、やらない。やらなければいけないことは手短に」を掲げる省エネ主義者。そんな彼は、ひょんなことから文化部の多さには定評のある神山高校でもその存在が知られていない<古典部>に入部する。同時に入部した、好奇心旺盛な令嬢の千反田える、豊富な知識とボキャブラリーを備える旧友の福部里志、毒舌で童顔美人の伊原摩耶花とともに、彼は<古典部>の周囲で起こる、ちょっと不思議な出来事を解き明かす羽目になる。

       詳しくは「川島の本棚」第4回にて。日常の謎をテーマにしたちょっぴりほろ苦い青春ミステリーは、原作からして非常に楽しめます。それのアニメ化ということで、僕としてはかなり期待をしているところです。
       
       公式サイトhttp://www.kyotoanimation.co.jp/kotenbu/にて、猫目宗助じゃなかった、遊佐浩二さんがナレーションをしているPVが見られますので、こちらもどうぞ。

       放送日時は地域によって違いますので(BS放送もありますが)、皆さんで確認してみてください。僕の住む関西地域は、おっさんテレビで名高い、サンテレビで4月24日(火)の深夜24時より放送開始です。

       僕にとってはこれで新年度の楽しみが増えました。皆さんにも、これを機会に是非原作にも触れていただきたいなと思います。

       さて。しばらく小説の執筆の方は止まりそうなので、このブログも出来る限り週1の更新にしたいと思います(毎週書くことがあるかどうかは不安ですが)。それでは、新年度もよろしくお願いします。





      お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2015.02.13 Friday 22:34
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://spring-coil.jugem.jp/trackback/121

        トラックバック