奏作空間

Reading & Creation Space "SOH"

スポンサーサイト

2015.02.13 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    『春』の登場人物紹介 つづき

    2010.08.06 Friday 23:02
    0
       
       どうも、夏は大好きスイカは苦手な川島です。

      『3.00』の連載開始のウラで細々と更新している『春』の第2部も、残すところ2話となりました。話数では第2部は第19話で完結する予定です。というところで、『春』全体の登場人物もほぼ出そろっています。前回は今年の1月頃にこの記事を書きましたが、今日はその続きを紹介したいと思います。第2部のキャラは少ないですし、みんな割と登場回数が多いので覚えられている方もいるかもしれませんが、確認のためにもご参照ください。

       まずは第1部で前回紹介した後に登場した人物から。

      ・矢島雄作(やじまゆうさく) 33歳
       13話より登場。大黒市警刑事課の捜査官。署内では有名な熱血タイプの刑事で、竹下直樹を弟分としてかわいがっている。刑事課はメガマス旧幹部達になびいているが、不器用な彼はその事実も知らなかった。モデルは絶賛公開中の話題映画のあの人です。

      ・福森友喜(ふくもりゆうき)20歳
       序盤話数から登場。CGWの指示で動く猫目宗助のサポート役兼監視役の青年。しかし宗助は彼の忠告を聞き入れたためしがなく、いつも上司に怒られているのは彼。さらに彼自身も作戦の概要を詳しく説明されておらず、誰が仲間で誰が裏切り者なのかもよくわからなかった様子。宗助逮捕時に一緒にお縄についたかわいそうな人。


       次に第2部から登場した人物達を紹介します。

      ・秋吉結衣(あきよしゆい)12歳
       14話より登場。イサコとは同じ小学校に通っていた背の低いかわいらしい少女。家がイサコと近所だったこともあり、小学校時代の終盤から一緒に登校していた。中学校も一緒に通うことになる。中学校でのクラスは1年1組でイサコと同じ。クールなイサコを憧れの目で見つめており、常々こんな風になりたいと思っているらしい。少し天然だが、人の感情に敏感。メガネのスキルはあまり高くない。

      ・きびダンゴ 7歳
       ユイの電脳ペットの柴犬。ユイが小学校に入る前から連れ添っているのでかなりの老犬だが、その分信頼関係は厚い。小さいわりに体力のあり余るユイのパートナーだけあって、歳のわりに運動量が豊富。若干太り気味。ユイと同じでイサコが大好き。

      ・井上安紗美(いのうえあさみ) 12歳
       14話より登場。イサコと同じ1年1組で、ユイとは小学校時代に同じ塾に通っていたこともあって友達同士だった。ユイの紹介でイサコとも話すようになる。肌はよく日に焼けていて、髪はセミロング。雰囲気は割とおしゃれな女子。メガネのスキルはユイと同様にあまり高くはない。

      ・セナ 5歳
       アサミの電脳ペットの三毛猫。実は入学式の2週間ほど前にすでに亡くなっていてメモリアルも届いているのだが、蘇生したのかどこからともなく生還した奇跡のネコ。その怪現象を解明するためにイサコは動き出し、金沢事件に巻き込まれるきっかけとなった。

      ・酒井修一(さかいしゅういち) 12歳
       14話より登場。クラスは1年1組。小学校はアサミと同じ。穏やかな顔つきで雰囲気がやわらかく、クラス内では癒し系との評判も高い男子。イサコを驚かせたヤサコの実のいとこ。ヤサコの父、一郎の妹の息子である。また彼には2人の妹がいて、ヤサコ曰く面倒見のいいお兄さん。ヤサコの妹の京子もシュウイチのファンであるという。一方で電脳クラブ「金沢黒客」のメンバーであり、メガネスキルはそこそこ高い。が、本家「黒客」メンバーには及ばない。祖母であるメガばあとも仲が良く、イサコに関する情報もほとんどそこから仕入れたもの。その関係でイサコのことを気にかけるようになるが、それには彼のある過去が関係していた。特技はギター演奏。

      ・岩渕玲音(いわぶちれいん) 12歳
       14話より登場。クラスは1年4組。若干ハーフにも見える端正な顔立ちで、髪はソフトモヒカン。鋭い眼光は時として攻撃的な色彩を帯びる。小学校はアサミやシュウイチと同じ。「金沢黒客」のリーダーでもある。「金沢黒客」はもともとメガネに関するトラブルを無償で解決する慈善団体のようなものだったが、ある日突然起こった空間事故で仲間の1人がメガネを失ってからというもの、事故の真相を突き止めるために活動している。その関係でイサコにも近づいた。電脳に関する知識ではメンバー随一。小学校から野球を続けており、部活は野球部に入る。小学校時代はキャプテンを務めたこともあり、仕切りはうまい。

      ・平尾和馬(ひらおかずま) 12歳
       14話より登場。クラスはレインと同じ1年4組。小学校もレイン達と同じ。イサコの第一印象は筋肉バカのゴリラ。中学校に入り立てとは思えない体つきをしているが、顔はそこまでイカつくはない。その体格は柔道で培ったもので、小学校時代には全国大会にも出場した実力の持ち主。一方「金沢黒客」における電脳力ではレインやシュウイチと比べれば劣っている。主に腕力が必要な局面での活躍が多い。心優しい力持ち。好きな食べ物はおかずパン。

      ・桐野沙織(きりのさおり) 12歳
       14話より登場。イサコ達と同じ夕日寺中学校に通う謎の少女。クラスは1年3組。日本人形のような長い髪と細い目を持ち、普段はもの静かな性格。しかしイサコは彼女が新しい暗号を駆使しているとにらみ、金沢市での空間事故との関連を含めて正体を探っている。彼女自身も心に大きな傷を負っているようだが、果たして。

      ・松葉茂(まつばしげる) 32歳
       14話より登場。イサコのクラスである1年1組の担任。教科担当は国語。家庭教師のアルバイトをしている学生のような雰囲気があり、テレビ通販の販売員のように饒舌で独特のテンポで話す。生徒目線に立って相談にも乗ってくれる先生だが、作中ではまだ学期が始まったばかりなので生徒達の性格をまだイマイチ掴んでいない。

      ・酒井友和(さかいともかず) 42歳
       16話より登場。メガマス金沢支社空間設計室チーフ。シュウイチの父で一郎の義弟にあたる。一郎とは同期入社でお互い良きライバルとして高め合って来た仲である。そのため義兄である一郎とも普段はため口で話す。容姿はなかなかダンディで、中年のかっこよさが漂っている。そのため一時的に直属の部下となっている玉子には、どうしても一郎の方が弟に見えてしまう。性格は落ち着いてさばさばとしている割に破天荒なところがあり、任務達成のために時として熱くなりすぎる。その点は玉子と共通している。

      ・大谷英夫(おおたにひでお) 32歳
       16話より登場。自称雑誌記者。外見はいい歳こいたただのチャラ男。しかしそのキャラに隠して、何か大きな謎をまとっている雰囲気がある。なぜかイサコに接近してきて、いきなり重要な情報をさらっと流してきた。彼自身の目的も金沢市での空間事故の真相を調べるということらしいが、イサコ達はそれでイマイチ腑に落ちていない。しかし持って来る情報がわりと信頼できるので、イサコ達の良い情報源となっている。体の大きいカズマが苦手。

      ・速水エリナ(はやみえりな)12歳
       18話より登場。イサコと同じ1年1組で一番大きな女子グループの中心的存在。丈の短いスカートに、ウエーブをかけた茶髪が特徴的で色々と校則違反。サブローというホワイトシェパードの電脳ペットを飼っていたが、物語の流れの中で不幸に見舞われてしまった。そのためにかなり神経が逆立っている。


       ざっとこんなところです。もうすぐ金沢支社長というのが登場しますが、もう彼は名前をつけずに、「金沢支社長」で通したいと思います。

       今回はイサコの中学校での取り巻きが多いということで、年齢がかなり偏っています。ところで、イサコの誕生日は4月4日なので作中のイサコはすでに1人だけ13歳です。気付いていましたでしょうか。僕もこれを作中で書こうかなと思いつつ忘れてここまで来ています。

       第2部のキャラはですね、第3部に入るとともにフェードアウトしていく人が多いので、今のうちに彼らの勇姿を刻み付けていただければ幸いです。残り2話。もうしばらく金沢のお話にお付き合いください。

       それでは本日はこの辺で。

       










      『電脳コイル 春』 登場人物紹介 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      『春』の登場人物紹介

      2010.01.15 Friday 23:38
      0
         
         昨日の更新でようやっと第11話までを消化した僕の『電脳コイル 春』ですが、新登場人物、つまり僕のオリジナルキャラクターは大体出そろいました。(Act2になると、もう少し増える予定ですが)そこで今回はですね、小説の巻頭によくある登場人物紹介のような体裁をとって、その新たな登場人物をまとめておきたいと思います。『春』を読んでいる時にですね、「あれ?この人はどんな人だったかな?」となった時にこの記事を読んでいただければと思います。一応登場順に並べておきますね。あと小説には描写されていないウラ設定などもちょこちょこ書いていこうと思います。

        ・香川昭大(かがわあきひろ)40歳
         2話より登場。メガマス研究開発部所属。当初は一郎の補佐役として内部監査を受け持っ ており、その後も新プロジェクトの責任者に抜擢された一郎のサポート役を務めていた。 中背でひげをたくわえており、地味だが感情の起伏はわりと激しい。既婚者で子どももい るらしい。

        ・竹下直樹(たけしたなおき)24歳
         2話より登場。大黒市警察電脳犯罪対策係係長。さわやかな青年で正義感も強く仕事はまじめ。しかし自身がメガネの子どもだったということもあり、ダイチ達にはかなり甘い。 国際情報通信技術大学(電脳のエキスパートを多数輩出する国内随一の名門という設定)を卒業後、警察官になり1年前に大黒市警に転勤、そこから半年で今のポストに収まった。電脳力もかなりのものを持つ。現時点で新キャラ中最多の登場回数。メガネがアニメ開始の時点から11年前に開発されていたと言う話は前にしましたが、そう考えると彼こそまさにメガネ第1世代。

        ・桜井仁(さくらいひとし)45歳
         3話より登場。検事。カンナの事故の隠蔽を行った旧幹部達を裁くための訴訟を起こすた
        めメガマスが招聘した。イカつい顔つきで背も高く話し方もぶっきらぼうなヘビースモーカー。フミエをして極道と言わしめたが、電脳関係にも精通している。訴訟を起こすために尽力しているが、その後警察への表立った介入ができないメガマスと警察との間を橋渡しする仲介役も担うようになった。

        ・小野隆(おのたかし)57歳
         4話より登場。電脳科学者。また国際情報通信技術大学教授であり、大学時代の直樹恩師でもある。「電脳科学の権威」とも呼ばれており、ヤサコの祖父宏文の後輩にあたる。外見は研究者にしてはかなりおしゃれで、見た目も実年齢より10歳は若く見える。髪もフサフサ。大黒市警にたびたび出入りしており、その時は直樹の電脳犯罪対策係の特別顧問として事件の解決に知恵を貸している。この度通称「逆探知ソフト」と呼ばれる新しいセキュリティソフトを開発した。登場回数は少ないものの、随所でこの人の名前は出てくる。

        ・野村明彦(のむらあきひこ)57歳
         4話より登場。県警交通課課長。直樹にカンナの事故の再調査を要請し、自らもその調査の責任者として指揮を執る。小野隆とは高校の同級生。体つきはがっちりしており、顔はこんがりと日焼けしている。笑い方が豪快な典型的なオヤジ。電脳に関する知識はあまり持ち合わせていない。

        ・吉川康弘(よしかわやすひろ)53歳
         5話より登場。メガマス研究開発部チーフプログラマー。メガマスの抱えるプログラマーのリーダーである。常に白衣を来ており出で立ちは大学の研究者に見え、沈着冷静で何事にも動じないが、同時に危機感が伝わってこないところがある。

        ・桝田章太郎(ますだしょうたろう)37歳
         5話より登場。メガマス代表取締役社長。この若さにして世界的大企業メガマスのトップに立つ。しかし就任当初は幹部役員をまとめきれずに、結果隠蔽工作が行われてしまったことを大変悔いている。その反省からメガマス上層部の血の入れ替えを断行する。実は海外の有名大学で経営学を修め、社長就任前の過去5年は海外支社長を務めていたエリート中のエリート。容姿端麗でスタイルが良く俳優と言っても疑われないほどの外見である。ちなみに名前ですが、メガマスの創始者の血統を受け継ぐ人だから「マスダ」さんだろうという短絡的発想で、その中でも見た感じのスタイルが一番クールな「桝田」という漢字を当てました。

        ・川畑久美子(かわはたくみこ)31歳
         5話より登場。県警交通課所属の巡査。直樹に一目惚れさせた美貌の持ち主。大黒警察の電脳犯罪対策係に研修という名目で潜り込み、直樹と共に事故の再調査を行う。姉御肌で面倒見がよく、課長の野村とも親しく接する。しかし元キャリアウーマンで仕事に関しては厳しく、小説には描写されていないところで直樹は地獄を見ている。

        ・杉本泰三(すぎもとたいぞう)44歳
         5話より登場。県警交通課所属の課長補佐。きゃしゃで物静かなサラリーマン風の警官。野村とともに県警内で事故の再調査を行う。

        ・桐野詩織(きりのしおり)?歳
         8話より登場。ヤサコとフミエが廃工場で出会った謎の少女。霊感が強いらしく、日本人形のような細い目と長い髪をもっており、フミエはこの少女に対して拒否反応を示した。年齢はヤサコ達と同年代くらいだが、本人ははっきり明かしていない。また大黒市外から里帰りに来ているらしいが、今住んでいる場所も明かさないままだった。

        ・神崎信明(かんざきのぶあき)55歳
         8話より登場。メガマス研究開発部本部長。数少ない旧幹部の生き残り。桝田が断行した血の入れ替えにより、本部長という実権を持たない実質的な名誉職に収まる。しかし旧幹部達に傾倒する社員をまとめあげ、今やすべての幹部の中でも発言権を持つようになった。そのため桝田やその他の幹部達は彼に注意を払っている。シワの寄った目力が強く威圧感があり、相当なキレ者である。

        ・平松高雄(ひらまつたかお)55歳
         8話より登場。メガマス研究開発部部長。血の入れ替えで新幹部に昇進した一人。一口に努力の人で、叩き上げで遅咲きながらその功績がようやく認められた。一郎とは金沢支社でともに仕事をしたこともあり、よき理解者でもあるが、研究開発部の実権はほぼ神崎に握られてしまっている。白髪頭のかりあげで、目は開いているのかわからないくらい細い。一見するとどこかの警備員に見える。

        ・三井真也(みついしんや)12歳
         9話より登場。大黒市立久遠小学校の卒業生。元久遠小のガチャギリの紹介で黒客の相談役に収まった。かつては情報屋とも呼ばれていたこともあり、広範なネットワークから大黒市の電脳グループの情勢を正確に把握していて、その情報をまさに売り物にしていた。また通販電脳駄菓子屋を経営していた兄を持ち、シンヤのルートから黒客は電脳駄菓子屋とのつながりを持つようになる。ワックスでふわりと浮かせた髪に、メガネの奥に潜む目つきが鋭く知的な雰囲気をまとっている。

        ・倉本秀則(くらもとひでのり)12歳
         9話より登場。大黒市立不動小学校の卒業生。同小学校のメンバーで構成されている電脳クラブCレックスのリーダー。しかしCレックスは大黒でも最弱の部類と見なされており、その電脳力はかなり乏しい。乗せられると調子が出るタイプだが、逆にテンションの低い時は救いようがなく陰気。もじゃもじゃ頭で小太り、運動は苦手。

        ・進藤陽平(しんどうようへい)25歳
         9話より登場。現空間管理室顧問。覇気がなく陰のオーラを放つ青年。ダイチ曰く「もやし」。その仕事ぶりもほめられたものじゃなく、一郎は何度も玉子に戻って来てほしいと思った。これでも一応直樹と同じ国際情報通信技術大学の卒業生で、電脳力もそれなり。肩書きもメガマス社員で、サッチーを動かす特殊な訓練を受けている。

         えーと、とりあえず名前がついているキャラは以上ですかね。他にも名もなき脇役達はたくさんいますが、さすがに紹介しきれないので。

         こうしてみるとやけにイケメンや美人が多いですね。「電脳コイル」はあまりイケメンとか美人とかにこだわりがない、ある種現代のアニメでは珍しい傾向がありますが、活字にするときにはやはり印象を残すために、登場人物にこのような特徴をつけてしまいますね。これは僕の表現力のなさですね。今後も勉強していきたいです。

         さて、小説は前にも予告していた通りヤマ場第12話に突入して参ります。この第12話ですが正直言って長いです。もうpart12までいくのは決定しておりますが、幸い年末年始やさきの3連休を利用して書き溜めをしましたので、現在ストックがかなりあります。ですので次回とその次の更新では一気にパートを3つ更新します。つまり2週でpart6まで進むことになります。そしてその次からはこれまで通り週2パートずつの更新ということにします。全5週ということになりますね。

         第12話お楽しみに。こんなところで今日はover the rainbow。




        『電脳コイル 春』 登場人物紹介 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |